ストーリーのおすすめ「人気ショップ」ならコチラ | Hitotsubashi

合理と非合理のミックスが優れた戦略を生み出すポイント、のようです。「タカラモノ」みたいに、いつものような充実した時間を楽しめ、加えて、普段の生活にとても心地よい逸品です 。自身の企業においてもストーリーを再度考えてみる!そして日々の仕事を捉え直していければと思います。

1月9日 おすすめ!

2018年01月09日 ランキング上位商品↑

ストーリー Hitotsubashiストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件 (Hitotsubashi business review books) [ 楠木建 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

とても難しい内容ですが!ためになります。惜しいと思ったのは「キラーパス」の説明で!「この戦略で"キラーパス"はどれだ?」みたいなフレームワーク的なとられ方をする危うさは感じました。戦略を考えるには、他者が真似されないようにするというのが、当たり前だけども、真似された方が真似した方と比較しどんどん差がつくというのがこの本を読んで最も衝撃を受けました。読み応えのある本です。自分にも応用ができないかこれを読んで考えるようになりました。個別企業の成功事例を紹介しながら、そこにある"時として逆説的な"ストーリーある戦略を紹介し、戦略の真髄を説きます。(本来は結果的にキラーパスだった!ということなんでしょうが)。具体例!例え話もわかりやすく!よい作品です。思っている以上に読みやすいですよ。ビジネスマン、学生のお勧め。著者は、一橋大学ビジネススクールの教授です。これを本書で学ぶことができます。難しい内容を事例をつかってとてもわかりやすく書かれており、久々にいい本にであえました。多くの実例を挙げられていて非常に読みやすいです。ストーリーの中の戦略が意味をなします。手頃な価格であり!使いやすくていい商品です所謂!経営戦略本は多々ありますが!珠玉だと思います。まだ読んでいませんが!楽しみです。迷われてる方。成功までのストーリーを創造できないと良き経営者にはなれないと痛感!長いのが玉に瑕ですが、戦略構築にも、戦略を誰かに伝えるにも役に立つ良い本だと思います。世の中にあまたある戦略フレームワークに感じていた違和感を解消してくれる!ここ数年でも非常に参考になる本でした。戦略は途切れ途切れでは伝わりません。発売以来!新聞広告も続いてますし!かなり売れてるようですね。違いを作り、つながりを作る。なるほどと思います。戦略をフレームワークのスナップショットでとらえず、流れ・ストーリーでとらえるという基本的な考え方は非常にスッと腹に落ちます。そこにストーリーをおくことで長期的利益をもたらすということがつかみとれました。500ページぴったりの内容は!秀逸。三千円もするってちょっとした躊躇ってましたか!ポイントたまったので買ってみました。文章は!多量で長いとはいえ!読みやすく!内容もしっかりしていると思います。周囲に勧められて購入しました。頭の中が、すっきり整理できた感じです。かなり話がくどいですが!比較的読みやすいのと!ところどころ共感できる主張も入っていたので!楽しく読めました。具体的な内容も多く分かりやすいです。タイトルとおり!内容自体にストーリーがあり!読み手を飽きさせない構成。